JASDAQ

内部統制システムに関する基本方針

アプライド株式会社およびそのグループ会社 (以下「当グループ」という。)は、経営の健全性、透明性、効率性を向上させるためにはコーポレートガバナンスを強化、充実させることが重要な経営課題の一つであると認識しており、そのために、内部統制システムを整備し強化することが不可欠であり、その基本方針を次のとおり定めます。

1.取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

(1)行動規範やコンプライアンス規程等を設け、取締役、使用人が、法令、定款その他社内規程および社会規範等を遵守して職務を執行する体制の維持、向上を図る。
(2)法令、定款その他社内規程および社会規範等に違反する行為を発見した場合の通報制度として内部通報体制を整備し、コンプライアンス体制の維持、向上を図る。
(3)取締役、監査役、内部監査部門は、協力してコンプライアンスに関する社員教育を行う。

2.取締役の職務の執行に係る情報の保存および管理に関する体制

(1)取締役会議事録、稟議書、取締役の職務の執行に係る情報については、文書管理規程、インサイダー取引防止規程、顧客情報管理規程等に従って適切に保存、管理する。
(2)取締役及び監査役は保存、管理されている文書をいつでも閲覧できる。

3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

(1)事業活動に係る様々なリスクの発生を未然に防止し、万一リスクが発生した場合に迅速、的確に対応するため、各種リスク管理規程を整備してリスク管理体制の構築を図る。

4.取締役の職務の執行が効率的に行なわれることを確保するための体制

(1)定例取締役会を毎月1回開催し、取締役会規程により付議基準に該当する事項はすべて取締役会に付議する。また、取締役会においては各取締役から職務執行状況の報告を受け、職務執行の妥当性および効率性の監督等を行う。
(2)業務の適正な運営と効率化を図るため、職務権限規程や業務分掌規定程に基づき権限の委譲を行い、権限と責任を明確化する。また、必要に応じて規程の見直しを行い、取締役の職務の執行が適正かつ効率的に行なわれる体制の構築を図る。
(3)執行役員制度を採用することにより業務のスピードアップを図る。

5.当社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

(1)子会社の経営管理は、その自主性を尊重しつつ社長室により、管理、指導を行う。
(2)アプライドグループ規範を制定して、経営基本理念やリスク管理基本方針、コンプライアンス基本方針等を共有する。

6.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び使用人の取締役からの独立性に関する事項

(1)監査役がその職務の執行の補助者を必要とするときは、内部監査部門及び経営企画部に監査
役の職務の執行の補助を依頼することができる。
(2)監査役の求めにより監査役補助者として配置した場合の異動、懲戒、人事考課等については、監査役の意見を尊重する。

7.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制、その他の監査役への報告に関する事項

(1)会社に著しい損害を及ぼす恐れがある事実を発見したときは監査役に報告する。
(2)法令、定款に違反する行為を発見した場合、またはその恐れがある場合は、監査役に報告する。
(3)内部監査部門の内部監査の結果は監査役に報告する。

8.その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

(1)監査役は、取締役会その他の重要な会議に出席することができるほか、議事録や稟議書等の重要な書類を閲覧し、取締役または使用人に対してヒアリング等を行うことができる。
(2)監査役は、代表取締役および会計監査人と定期的に意見交換を行う。

平成21年1月13日
アプライド株式会社
取締役会 決議

 

TOP