JASDAQ

第3回「新型コロナウイルス 学生就学支援」の取り組み

アプライドグループは、CSR活動における重要テーマの一つとして

「未来を担う学生の教育を守る」を掲げております。

 

 

新型コロナウイルス感染症は10月後半から一定の落ち着きは見せているものの

長期化の影響を受け、アルバイト等の収入回復にはまだまだ時間がかかる状況です。

 

このように経済的に困窮している学生への教育支援策として、

昨年から継続的に実施しております第3回目の寄附を2021年11月に実施いたしました。

 

寄附総額1,200万円

 

 

 

新型コロナウイルス感染症に罹患された方及びご家族・関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

また、感染防止にご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。

 

 

新型コロナウイルス感染症への対応は、社会が協力して取り組むべき課題です。

アプライドグループは、今後も「教育」「医療」の領域において、支援活動を実施してまいります。

 

TOP