JASDAQ

省エネ法 事業者クラス分けでSクラス評価をいただきました

アプライドグループは、全拠点のLED化、働き方改革の推進、リユース事業による

資源の有効活用等の取り組みにより、消費エネルギーを抑える取り組みを行っています。

これらの取り組みの結果、アプライド株式会社は省エネ法定期報告において、

省エネ評価 Sクラス(最高クラス)の評価を得ています。

 

令和2年定期報告書

事業者名 :アプライド株式会社 

省エネ評価:Sクラス

 

これからもITの普及と、活動におけるエネルギー資源の効率性向上を通して

SDGsの達成に貢献してまいります。

 

 

 

省エネ法とは

「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(以下「省エネ法」という。)は、石油危機を契機として

昭和54年に制定された法律であり、「内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境に応じた燃料資源の

有効な利用の確保に資するため、工場等、輸送、建築物及び機械器具等についてのエネルギーの使用の合理化に

関する所要の措置、電気の需要の平準化に関する所要の措置その他エネルギーの使用の合理化等を総合的に進め

ために必要な措置を講ずることとし、もって国民経済の健全な発展に寄与すること」を目的としています。

 

 

事業者クラス分け評価制度の概要

提出された定期報告書等の内容を確認し、事業者をS(優良事業者)

A(更なる努力が期待される事業者)・B(停滞事業者)へクラス分けします。

Sクラスの事業者は、優良事業者として経済産業省のホームページで公表されます。

 

省エネ法、事業クラス分け評価制度の詳細はこちら

TOP